山菜の季節

雪がとけて秋田もようやく春がきて山菜がとれる季節になりました。

まずはバッケ。

2月にはもう生えてたんだけど一回またドカ雪が降って積もっちゃったし、3月上旬までそれどころじゃなかったので採ったのは花がだいぶ開いてしまったころでした。

バッケはバッケみそと天ぷらに。独特の苦味が春がきたなって感じさせてくれます。

次にとれるのはサシボ。

サクラの咲く前、4月中旬のまだ芽が大きくならないうちに採ります。川沿いの堤防のところにいけばだいたいそこらじゅうに生えてます。

サシボはシンプルにおひたしですね。

ってか、それしか食べ方を知らない…。

サクラが咲くのと同じころにとるのがコゴミ。

これ、山の中でとってきたんじゃなくて、ローソンの向いの空地に生えてるんだから、秋田ってなんかすごいよね。

コゴミはやはりゴマあえでしょ。あの歯ごたえがたまらない。あと、天ぷらもうまいってきいたから作ってもらったらうまかった!

そしてサクラが散った連休前ころに顔を出すのがワラビ。これも家の裏の道路を渡った山沿いの田んぼのまわりで簡単にとれてしまいます。

ワラビと一緒にアザミとまだサシボも生えてたので採ってきました。

ワラビはなんといってもワラビたたき!

一緒に近くに生えている山椒の葉っぱもとってきて味噌と合わせてすり鉢でゴリゴリします。

これさえあれば飯3杯はいけますな。

アザミは味噌汁に入れるとうまいねー。

それから去年生えてるところを見つけたカタクリの花。これもおひたしにして食べるとうまい。キュッキュッした歯ごたえが好きだな。でも、あまり食べ過ぎると腹をこわすらしいので注意。

そして梅雨入り前に採るのがミズ。

これは車でちょっと行ったところの山沿いの田んぼの脇の杉林に入ってとるので、最近熊の出没が多いので少し覚悟と勇気と装備が必要です。

一面ミズだらけ。

長靴とナタと鈴と携帯ラジオ。でもラジオ聞きつけて襲いにくる熊もいるとか…、恐っ!山菜採りも命懸けになってきました。

その他、ゼンマイ、タケノコ、タラの芽、アイコ、ホンナ、シドケとかあるけど、これらは近くで採れるところあまり知らないから、人からもらって食べてます。

春は旬のものばかり食べ過ぎて「馬肥ゆる春」ですな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中