風除室を作ろう!2015

雪は全然積もっていませんが、寒くなったので風除室を今年も自分で作ることにしました。

材料は去年作ったものをどこの部材かわかるように大工さんみたいに印をつけてから解体して保管してあるので、あとはそれを元通り組み立てればすぐ出来るようにしてました。

ただし、去年の構造は家に傷をつけたくないので壁や柱に部材を釘や木ネジなどで固定せず、ただピッタリ収めて固定してだけなので、耐久性?に若干不安なところがありました。

なので、今年はそのへんをバージョンアップ。使うのはこれ、

DSC_2385

なんの番組だったかな?タレントのヒロミが芸人の家をリフォームするっていうコーナーで賃貸物件だから既存の構造に釘とか打ち付けないで柱を建てて壁を作るときに使ったアジャスターのようなもの。

DSC_2386

これをこのように柱になる木材に取り付けて…

DSC_0003

こうやってアジャスターを伸ばして上の部材を押し付けていけば釘を使わないでしっかり固定される。ま、耐震器具のつっぱりくん?みたいな原理だな。

DSC_2389

そうして枠組みが出来上がりました。

あとはこれにツインカーボという透明な中空ポリカーボネイト板を貼っていけばいい。

DSC_0004

去年は枠の中にツインカーボ入れて内外から木枠で固定してたけど、今考えるとなんでそんな面倒なことしたんだろう?ビスで枠に大きいまんま打ち付けていけば簡単なのに…ということで新たにツインカーボ買ってきて、大きい2つのパーツにカットして、あとはバシバシビスで固定していきました。

DSC_0008

ツインカーボが余ったので内側にも張り付け。これで中に空気層ができて去年よりもだいぶ暖かいはず。

引き戸は雪が積もったら取り付けるかな。

こんなんでポーチが風除室になっちゃうんです。既製品のアルミサッシの風除室だと簡単に解体できないから夏場もそのままでサウナみたいになっちゃうでしょ。夏は玄関から涼しい風を通したいのでどうしても風除室はつけたくなかったので冬だけ取り付けて夏は解体して撤去できるような仕組みにしたくてこんなものを作ってみたのでした。

今度は逆にウッドデッキにサンルーム作ってみるかな…。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中