アンパンマンを治そう!

非常勤先の小児訓練室にあるアンパンマンのおもちゃが動かなくなったという。

コインを入れて胸のダイヤルを回すとカプセルが出てくる。子どもたちに人気のおもちゃだから直してあげなくちゃ。

さっそく分解。

症状はコインが入っていかない、ダイヤルが回らないらしいからギヤが噛み合ってないとかなんか引っかかってるとか…。

分解したらコインが3枚でてきた。これが中でへんに詰まってたんじゃない?

もう1つの症状、音が出ない。

これは回路の問題かな?

コンデンサとか抵抗とかのレベルだとお手上げだけど接触不良とか断線だったらなんとかなるかも。

怪しい箇所を触ってみるとやっぱり簡単に切れましたねー。

ふたたびハンダ付けするためにまずスイッチ側に残っているハンダを取り除く。それにはこのハンダ吸いとりテープを使う。ハンダの上にテープを当ててその上からハンダこてを当てるとみるみるうちに溶けたハンダがテープに吸いとられていく。

で、つなぎ直して電源入れてみると、なんか音が出た。しかし、まだ接触不良があるような音。

どこかなあ?といろいろといじくっていると…

ぶちっ!

あっ、さっきくっつけたコードの反対側が切れた…。そうか、こっちも切れかかってたから接触不良だったんだな。ということでまたハンダでつなぎ直す。スイッチを入れてみると今度はちゃんとアンパンマンがしゃべった。よし、これでOKだな。

組み立て直してコインを入れ、ダイヤルを回すとちゃんとカプセルが出てきて音がなった。と思ったら、まだ音が変。またバラして断線箇所がないかチェックするがそんな場所は見当たらない。もしや、と思って電池残量をチェックするとやはりPoor。

電池を新しいのに取り替えてあげると元のように正常に動きました。

あれ?もしかして電池のせいだったんじゃない?

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中