とも君の自由研究

今年のとも君の自由研究は川にどんな生き物がすんでいるのかを調べることにしました。

 

場所は家の近くの用水路。

ここはおとーやんが小さいころよく魚とりをしていたところ。こういう場所がまだ残っているというのは現代では恵まれていると言ってもいい。

 

 

さっそく見つけた。メダカの群れ。お腹の大きいメスもいる。ザリガニやブラックバスなどの外来種が増えたことでここの用水路のメダカもめっきり少なくなってしまった。

 

僕らのころは「グンジ」とか「グンジョウ」とか言っていた。改めて図鑑で調べるとこいつはマハゼらしい。カジカとかヨシノボリとかゴリとかの仲間。いずれにしても愛嬌のある顔だ。

 

レア種を捕まえた。

ヒゲがなく金色っぽいのでキンブナ。

すばしっこくて捕まえるのがたいへんだった。

 

こいつもレア種、モツゴ。僕らの間では「クチボソ」と呼んでいた。

 

ドジョウ。いろんな種類がいるらしいがこいつはただの「ドジョウ」らしい。

 

ヤマトヌマエビ。

いつもブラックバスを釣るときにこいつを生きたままつけてやるとアホみたいにすぐ釣れる。

 

エビかと思ったらよくみるとザリガニだった。赤ちゃんだな。

 

カワニナ。ナガタニシともいう。大量発生してた。

 

タニシ。

これもめっきり数がへったように思う。

 

大物がとれた。

ハサミのところにモフモフの毛かはえているモクズガニ。

あと捕まえられなかったけど体長5cmくらいの黒いすばしっこい魚が群れでいたんだ。あれはフナの成魚かタナゴ、ブラックバスかもしれない。

いずれにしても今回捕まえた生き物たちはレッドブック、絶滅危惧種に指定されているものが多い。

外来種の駆除とともに水質環境を守ることもしていかないといけない。ってことを子どもたちにも教えないとな。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中