キリタンポを作ろう!

以前からキリタンポを自分で作りたいと思ってて、やっとキリタンポ用の杉の棒が売っているのを見つけて購入。
   そして本日ようやく使うことに。
image

まず固めに炊いたごはんをすり鉢でつぶすよー。少しお米の形が残る程度にね。秋田ではこの状態のことを「半殺し」といいます。
image

そしたら杉の棒にごはんを伸ばしながらつけていくよ。塩水で手をぬらしながらね。
image

おとーやんもやってみる。なんか一番太くなったけど大丈夫かな?太いほうが外はパリパリ中はホクホクしてうまいんだってさ。
image

形を整えるためにまな板の上でコロコロ転がすよー。おー、キリタンポっぽくなってきた。
image

あとはホットプレートで焦げ目がつくくらい焼くよー。マメにひっくり返してね。
image

あー、おいしそうな焦げ目がついたね。なんかキリタンポっぽい!って、キリタンポだけど…。
image

あとは棒を抜いて適当な大きさに切って、比内地鶏のスープ、鶏肉、ゴボウ、マイタケ、糸こん、ネギ、最後にキリタンポとセリを入れて出来上がり!
image

食べてみると…
お店で売ってるキリタンポより崩れやすいんだけど、焦げ目のついたところは香ばしくておいしい!!
またやろう、来年の新米の時期にナベッコのときに炭火で焼いたら最高だろうな。

広告

2件のコメント

  1. 車中泊

    ようやくキリタンポデビューだね。

    半殺しはもう少し強めにすると煮崩れしにくくなるよ。
    けどこの半殺しが一番疲れるんだよね。

    ダマコ(ウチでは円盤状にしてる)もいいよ♪

    • けーやん

      秋田県人より知ってますなー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中