釜石へ

大学の復興支援事業で岩手県釜石市へ行ってきました。

今回は車ではなく電車で。盛岡まではこまちで、盛岡からは普通列車で

のんびり行きました。

釜石は鉄の町。新日鉄釜石が白い煙をあげて操業していました。

事業前にお昼ご飯。駅前の市場の中の食堂で三食丼定食を食べました。

いくら、たまご、うまかったのがホタテの貝柱の佃煮。

支援事業の内容は地域での健康教室。

看護の先生と一緒にいったのですが、おとーやんは手工芸、

看護の先生は軽体操ということで「手工芸でリフレッシュ」というテーマで開催しました。

場所は釜石市の南の望洋ヶ丘地区。その名のとおり、海が見渡せる高台の地区でここは津波の被害

はなさそうでした。

望洋ヶ丘のすぐそばの釜石大観音。

集まった方々は9名、すべて70代~80代の女性。

「和紙のアトリエ」という手工芸キットで絵心がなくてもかわいい作品が簡単に作れるというもの。間に休憩がてら軽体操を入れるというプログラム。

体力づくりのプログラムもいいけど、お茶でも飲みながら近所の人たちとおしゃべりしながら

手工芸の作品作りを楽しむっていうサロン的な感覚でこの時間をすごしてもらえればいいなあと思って。

最初は手順がよくわからず苦戦してましたが、次第に慣れてきて時間内に完成させた方もいらっしゃいました。

かなり気にいってもらったようで、違うデザインの作ってみたいというので余分に持ってきていたキットも全部差し上げてきました。よかった・・・。

3時には終了して、看護の先生とお別れしてホテルにチェックイン。

川のそばだというのによく全壊せずに建っていたなと思う。また津波がきたら大丈夫かな、ここ・・・。その心配が実はこのあと、現実になるとはそのときは思わなかった。

夜は釜石駅前にあるプレハブ復興飲食店街へ。

前回支援にいった先生からおいしかったっていうお店を教えてもらったのでそこへ。

釜石も暑かったので生ビールがうまい!

おすすめの牛スジの煮込み、名物らしいだし巻たまご、めずらしいマンボウの刺身ってのもいただきました。

うましっ!

結構よっぱらってきたのでそろそろ帰りますか、・・・って店をでたすぐ横にラーメンのちょうちんが・・

こりゃー食べないわけにはいかないでしょ、これも復興支援・・・とかごもっともな理由をつけて「ごめんくださーい!釜石ラーメンくださーい!」どうやら復興関係でいろいろテレビにも出たお店らしい。

出てきたラーメンは透き通った色のラーメン。食べてみると・・・

あー、これは十文字ラーメンの味に似てるな、飲んだあとにはさっぱりしててちょうどいい。

大盛りにすればよかったくらいすぐにたいらげました。

ホテルに帰る途中、地元のスーパーに寄って地元ならではの食材を探しておみやげにしました。

そして・・・

ホテルについてひとっ風呂あびてあがるとスマホから聞きなれない音が・・・。

開いてみるとなんと津波注意報の災害速報メール。フィリピンの地震でおきた津波が

日本にまでくるそうな!

テレビをつけてみると日本の太平洋側ほぼ全域に津波注意報。予想では50cmらしいが

あてにはならない。3.11だって予想とぜんぜん違う波の高さだったんだから・・・。

やべーな、逃げる準備するか。リュックに荷物全部つめて服も着ていつでも外に出れる体制にして

ニュースで様子をみていた。

そのうちスマホがまた鳴った。

なんと釜石地区に避難勧告!。

「避難を開始してください。」だと。いよいよか・・・。

しかし、ホテルからの指示もなく、ニュースでもそれほど差し迫った状況ではないようだったので

もう少し様子をみることにした。この判断が命とりになったりして・・・。

やがて、最初に津波が到着した沖縄方面でも潮位がすこし変動したくらいでたいしたことはなく、

スマホの災害メールからも避難勧告解除のお知らせが届いた。

助かった・・・。

まさか、釜石にきて津波の危機に遭遇するとは思わなかった。

安心したせいか、すぐに爆睡して次の日の朝を無事に迎えたのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中