テント&タープ購入!

5人家族には今のテントが小さかったので大きいのを買うことにした。

週末、アマノでコールマンフェアやってて、新品展示品1割引きのさらに1万円引きだったので

テントのついでにタープも買ってしまった。だって1万円引きだもの!

テントはタフワイドドーム300EX 定価33,075円をなんと19,800円!

タープはトンネルコネクトスクリーンタープ 定価 36,435円をなんとこれまた19、800円!

2つ合わせても39,600円ときたもんだ。

車中泊さん、どうでしょうか?私のチョイスは?

広告

6件のコメント

  1. 風林火山・車中泊NO2

    あとは焚き火セットと子供と遊ぶために(嫁と戯れるため?)スラックラインが必須!

  2. なんすか?スラックラインって?

  3. 車中泊

    ご指名なのに遅レスすみません。

    お値段優先であればグッドチョイスです。
    この手のテント、実は私も通った道。
    ファミリーでお気軽に楽しむには十分です。
    楽しければ何を使ってもOK!
    まぁ、我々のようにディープな世界には足を踏み入れないようお気を付けください。

    難点としては、このテントは高さがあるのと構造的に耐風性はあまり良くありません。
    設営時に風が無くとも、必ず張り綱をきっちり張ってください。
    それと、アウターを被せるのが一人だとちょっと難儀するかも。
    シェルター(トンネルタープ)もしっかり張り綱張ってね。
    幕体の生命線は張り綱です。

    ペグは付属のプラペグではなく、金属製のがっちりしたペグが吉。
    でも意外に高いので、少しずつ揃えていくことをお勧めします。
    私はスノーピークのソリッドステート(略称ソリステ)20㎝をメインに、アルミ製Vペグをサブで使ってます。

    ハンマーも付属のおもちゃではなく、ホムセンなんかで売っているヘッドに砂が入った一体構造型のゴムハンマーだとさらに楽にペグ打ちできます。←私も愛用。
    専用高級ハンマーも売ってますが色気は出さないように。

    スラックラインとはトラックなんかの荷物固定用の平ベルトのやや幅広のやつで、ピンと張ってその上で立ったり跳ねたりするかなりハードな遊び道具です。
    と言うか、ほとんどトレーニング器具ですね。

    まだまだ書きたいけれどこの辺で・・・。

    • おとーやん

      ご指導ありがとうございます。さっそく夏休み使って実践してみたいとおもいます。

  4. 風林火山・車中泊NO2

    車中泊本家さんはスラックラインをハードと呼んでいますが、関東では大人の遊び道具的に、夏・冬問わず、木と木の間にピンと張って綱渡り的に子供からおっちゃん・おかーやんたちもやってます。あっでもやっぱり恵一君にはハードかな?(^^;)>ウエイトオーバー

    • おとーやん

      木が折れます(T_T)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中