単管パイプで屋根と風除室を作ろう!

雪が積もるようになってきて、

去年もだったけど、小屋の戸の開け閉めが難しくなってきた。

もう少し小屋の屋根のひさしが長ければ雪が積もらなくていいのに・・・

と、おかあやんが言うので、ではいっちょ作ってみましょうか!と

工事の足場などで使われる単管パイプで骨組みを組んでポリカの波板で屋根をかける作戦を実行してみた。

前々からこどもたちの自転車置き場用に単管パイプで小屋をつくってみようかと思ってはいたんだけどね。

なので屋根をかけるついでに風除室的な雪かきやスノーダンプをおけるスペースをポリカ波板で囲って作ってしまおうと考えた。

しかし単管パイプの組み方はなんとなく知ってるものの、強度とか組む法則とかはまったく理解していないおとーやん。

とりあえず、頭の中だけの設計図でパイプとジョイント、垂木、ポリカ波板を買ってきた。

まずは単管パイプで骨組み。職人さんぽくラチェットも買ったんだ~(嬉)。

しかし・・・うぬ~、一人でやるには限界がある・・・。

おかあやんを助っ人に呼ぶ。そっち持っててね。

若干ゆがんでる気がするがなんとか形はできた。

次屋根をかける。あれ、ポリカ波板って長いとき何で切ればいいんだ?

とりあえず万能はさみで切ってみる。だめだ、バキバキ割れた。

次、丸鋸。だめだ、もっとバキバキ割れる、破片がとんできて危険過ぎる。

こんなときはネットで検索。なるほど、地道にカッターで何回かスースーやって折るか波板ばさみってのを使うのか。

最初から検索しておけばよかった。

追加の材料を買ったときに波板ばさみも買った。刃が波板に沿うようにそれこそ波状になっている。

これで切ってみると・・・。おお~っ!割れない!きれいに切れる!すげ~!波板ばさみ!

波板用のくぎでジョイントでとりつけた垂木に固定して、とりあえず屋根完成!!

どーよ!はじめてにしては立派なもんでしょ!

やっぱり屋根があると雪のつもりかたがだいぶ違いますな。

大雪の前になんとか間に合いました。

あと側面とか風除室スペースは正月休みにつくるかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中