長崎の旅③夜景

グラバー園のあと、昼食はその近くにあるちゃんぽん発祥の店、四海楼でちゃんぽんと皿うどんを食べました。

うまかったよ。ただ、おとーやんは長崎きてちゃんぽん3杯目、皿うどん2杯目ですけど。

ここでもうこどもたちはグダグダだったので、午後の予定をやめてホテルで休むことにしました。

なにせ、夜は夜景を見に行くんだから体力温存しないとね。

おみやげもグラバー園周辺のカステラ屋さんでまとめて買って宅配便でおくってもらいました。

カステラ屋さんはいろいろありますが、おとーやんはぜったいこうもりマークの福砂屋さんが一番です。

あのカステラの下のザラメが最高なんだな。

ホテルにもどり、ぼくらはまったり、でもおかあやんだけはみにいきたかった龍馬まちなか記念館に一人でいってきました。

ほう、立体的なあれだな、顔だすやつ。

龍馬役の福山雅治さんのサインがあったそうな。ほかにも香川照之さんや大泉洋さん、青木祟高さんのサインも。

さて、いっぽう、ホテルでの休息組はというと、かえってテンションあがってベットでびょんびょんはねたりしてさわいでいました。

だまってねろ~!おとーやんのカミナリが落ちました。そうじゃないと夜景みにいけなくなるでしょ!

おかーやんがかえってきて日も暮れて夜景をみにいく時間になりました。

そこでタクシーを呼ぶと衝撃の事実が・・・。

長崎の夜景は稲佐山という山の展望台からみるので有名なのですが、そこまでいくロープウェイが明日リニューアルする、ということは

知っていました。でも、そのためにロープウエイも止まってて、展望台にもいけないということをタクシーの運転手さんに聞かされ呆然!

なんてこったい!一日違うだけで長崎の夜景が見れないなんて・・・。

でも、運転手さんの提案で稲佐山でなくて反対側のほうからみる夜景もきれいなんだよ、

ということで運転手さんが知ってる地元の絶景ポイントにつれていってもらいました。

いく途中の名所のことをいろいろ教えてもらいました。急な坂道をぐねぐねあがっていく途中、

そのど真ん中に大木がぼんぼんたってる道がありました。

ありゃー珍百景だ。長崎の人は木を大切にするんだな。それとも切ると祟りでもあったのだろうか、だからのこしているのか?

そして、ふつうの道ばたに駐車し、見えた景色が・・・・

(↑うつりはかなり悪いです)

うわー、すげーっ!!

思わずでた言葉です。

長崎の夜景は特殊です。函館の夜景は平面的な夜景、神戸の夜景は山から海へと下っていくような夜景。

そして長崎の夜景は湾をはさんで両側の山へとのぼっていくような立体的な夜景でスケールが違いすぎるのです。

ぼくらは本来稲佐山から見える夜景側にいて、稲佐山の傾斜の夜景をみていることになります。この両方をいっぺんに

みれたら最高だったのになあ。

そして帰りは駅前でおろしてもらって、地元料理をだす居酒屋で夕食をとることにしました。

くじらの刺身三種もり、うまかった・・・。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中