おかあやんの誕生日

6月はおかあやんの誕生日。

誕生日プレゼント、何がいい?って聞いたら、カーポートも犬も希望が叶ったからなんにもいらないって。

あ、でも強いて言えば…

おいしいお店のから揚げとお寿司が食べたいって。

わかりました。ご用意しましょう!

ということでいろいろお店に予約とかして仕事終わってから分刻みのスケジュールで引き取りにいきます。

まず、お花屋さんよって、その次ケーキ屋さん、その次ふじやのから揚げ取りに行って、最後にくら寿司。

寿司とから揚げでお腹いっぱいですがケーキは別バラです。ローソクの数はまあほどほどの数にして、チプこと一緒に吹き消します。

とも君からおかあやんの好きなガーベラの花束のプレゼント。

ゆっちゃんからは

でた!お手伝い券!しかもけっこうな枚数ある!

はると君は照れながらも一緒に写真とってくれました。すっかりおかあやんの身長越しちゃって。

最後にゆっちゃんに制作発注かけたみんなからのメッセージカードをプレゼント。

おかあやん、これからもよろしくね。

ケロのパンケーキ

ゆっちゃんととも君が好きなバムとケロの絵本の中にケロが早起きしてパンケーキを焼くっていうのがあります。

ケロの顔のパンケーキ、これ作れたらなあーって前から思っていたんですが、

なんと、バムとケロシリーズに「バムとケロのおいしい絵本」というのが登場!

あのパンケーキだけでなく、ドーナツの作り方まで書いてあって、さらに、ケロの顔の型紙つき!しかもあのパンケーキを焼くフライパンやドーナツの型は実在していてネットで購入できるという。

これはもう買うしかない!ポチっ!

で、届いたのがこれ。ホントにケロの顔だ(笑)。

さっそくレシピどおり作ってみますか。

材料をきちんと計って混ぜて、

あと焼くだけ。超弱火で10分以上焼くみたい。そんなにかかるの?

で、ひっくり返すと…

おー、そんなにくっきりじゃないけどケロの顔が焼きついていました。

お味は…

なんか甘くないし、ふわふわじゃないんだよね。これはあれか、たっぷり生クリームかけるとかハチミツ、チョコ、キャラメルシロップかけないとだめか。

んー、今度はホットケーキミックスで炭酸水入れて作ってみよう!

 

 

 

 

野菜日記No.3

あっという間に…

じゃが芋の花が咲き、

ネギはたくましくピン!となり、

さやえんどうは実がなり、

トマトは青い実をつけました。

ミニタマネギはくたくたになってますが、実のほうは順調に育っているみたいです。

梅しごと

今年も梅しごとの季節になりました。

一日水につけてアク抜きして

水気をとって、ヘタをとって、こどもたちはフォークでプスプス穴をあけます。

おとーやんはナイフでらせん状に切れ込みを入れます。このほうが梅エキスがいっぱい出る感じがします。

梅、氷砂糖を瓶に交互に入れていきます。

4kgで2瓶できました。

さらに追加でつくりました。

3週間後、梅ジュースができました。

残った梅の実は砂糖を足して鍋で煮詰めて梅ジャムにします。

それでも作りきれないのでタッパーに入れて冷蔵庫で保存。

ゆっちゃんはそれをまるかじりするのが大好きです。

いっぱい作ったけど、秋までもたないだろうなあ。

 

野菜日記 No.2

苗を植えてから間もなく

DSC_1808

あ、やばっ、またアスパラ放置するとこだった。

DSC_1787.JPG

イチゴの花が咲いてました。

DSC_1826.JPG

ジャガイモの芽がでました。

DSC_1829.JPG

ミントもいっぱい葉がつきましたね。よーし、これでモヒート飲もう。

DSC_1827.JPG

みんな順調に育ってるみたいです。

チップ、チプこ、プチこ、ぺちこ!

さて、チップがうちにきて4ヶ月たちました。

おとーやんの腹の上でまどろむチップ。

おやつが欲しくてお利口さんにして座っているチプこ。

ぬいぐるみにかじりついて離さないプチこ。

ぺちことゆじゅこ。

おとーやんとチプちぷのすけ。

クッションの心地よさを知ってしまったペチり子。

狂犬病の注射が終わったのではじめてトリミングしてもらってタヌキみたいになったぺちこ。バリカンが恐くて暴れたらしい。

と、まあ、私以外はちゃんとチップと呼んでますが、私はほとんど原形をとどめない、チしかあってないやろー!という呼び方をしてこの子を混乱させています。

 

野菜日記2017 No.1

後れ馳せながら野菜日記スタートです。

ゴールデンウィーク最後のあたりでホームセンターから苗を買ってきて、はると君ととも君に手伝ってもらいながら植えました。

今年のラインナップは…

やっぱりトマト。

ミニ、中、大と黄色の4種類。

夏野菜の定番、キュウリ。

割りと失敗なく大きいのが収穫できる。

トマトと一緒に植えるコンパニオンプランツとしてバジルを。ピザとかに使おう。

毎年よく獲れるシシトウとはじめて万願寺とうがらしをやってみる。

あまり数が獲れないので最近やめていた枝豆に再チャレンジ。欲張らないで間隔を広めにとることにする。

ミニ玉ねぎ。

去年プランターでやってミニ過ぎて失敗したので今年は地植えで。

ペチュニアがメインに見えますがサヤエンドウが一緒に植えられてます。いつもハモグリバエにやられて枯れてしまうので今年は徹底して対策しました。一つはこのペチュニアのコンパニオンプランツ。これで生育を助け根っ子の病気を防ぎます。

もうひとつの対策がこの黄色いもの。魔除けのお札ぢゃありません。触るとネバネバする粘着シートなんです。これはハモグリバエの黄色いものに寄りつくという習性を利用したもの。ネットで調べてホームセンターにこのシートが売られていたのでさっそくぶら下げて次の日見てみると…

おー!小さいハエちゃんとくっついてるー!

土から孵化したハエの成虫がサヤエンドウの葉に卵を産み付ける前に駆除してしまおうという作戦です。おかげでことしは枯れなくて済みそうです。

去年培養土の袋のままで育てたじゃが芋がまあまあの収穫だったので今年もまたやりました。

去年より手間をかけたのが種いもを半分に切ったときの切口に草木灰をつけて病気の予防をしたこと。

それと去年は一袋に種いもを2つ植えてましたが、今年は欲張らないで一袋に一つにしてみました。毎年少しずつ知識をつけながら試行錯誤でやってます。

そして、今年初チャレンジの長ネギ。

どうも難しそうで今まで避けてきたんですけど意外に簡単だというのでやってみることにしました。

もう時期が過ぎていて売れ残りのヒョロヒョロした苗しかなくて大丈夫かなあと思ったのですが、とりあえず教えてもらったとおりに30cm近くの溝を掘ってそこに植えていきました。そうやって成長とともに土をかぶせていくんだそうです。にしても本当にこれ、モノになるのかな?

その他、勝手に生えてくるシソ、みょうが、去年根っ子を太くするために放置プレイにしたアスパラ、ブルーベリー、イチゴ、ミントなどなど狭い畑にいっぱい植えてます。今年の出来はどうかなあ。

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークはゆっちゃんたちの卓球の試合だったり、はるとの練習があったり、じーちゃんの古希のお祝いをやったりと忙しくて遠出はしませんでした。

5月3日。

卓球の県大会。ゆっちゃん、とも君とも一回戦突破はなりませんでした。

試合がはやく終わってしまったので八橋公園で昼食して遊び。

その帰りに新屋の菜の花畑に。

夜は残念会で今年初のバーベキューをしました。さすがに夜がふけるとまだ肌寒かった。

5月4日。

じーちゃんの古希のお祝いを市内の温泉で日帰りでやりました。

マイクロバスで家の近くまで迎えに来てもらって。

孫5人からプレゼントをもらうじーちゃん。

家族みんなで記念撮影。次は米寿かな。

5月5日。

急に思い立って魚釣りに行きました。

場所は秋田港のフェリーターミナルのそば。狙いはサビキで小アジ。

旅行とか行って人混みで疲れはてて帰ってくるよりこんなふうにのんびり過ごすのもいいですね。

と、そのうちにおとーやんにアタリがきました。

まあまあのサイズのも釣れました。

でもなぜかおとーやんしか釣れませんでした。

お昼は楽してほか弁で。外で食べるノリ弁おいしいねー。

釣れなくてヒマなとも君。

え?なんでその格好わかるの?

港にそれがあると昔の人はかならずやるポーズ。おとーやんもおんなじ格好した写真たしかあるわ。

結局おとーやんだけ8匹釣れました。

釣ったコアジはその日の晩に塩焼きと南蛮漬けにしてもらって食べました。今度は自分で釣ったのを食べたいね、とも君。

5月6日。

唯一遠出と言えば鷹巣に住んでいる弟くんちの新築祝いに行きました。

弟くんこだわりの薪ストーブでピサを焼きます。

おとーやんもピサ焼きにチャレンジ。

焼きたてピサ食べたり、薪割り体験ができて楽しかったね。

以上、あっという間のゴールデンウィークでした。

 

山菜の季節

雪がとけて秋田もようやく春がきて山菜がとれる季節になりました。

まずはバッケ。

2月にはもう生えてたんだけど一回またドカ雪が降って積もっちゃったし、3月上旬までそれどころじゃなかったので採ったのは花がだいぶ開いてしまったころでした。

バッケはバッケみそと天ぷらに。独特の苦味が春がきたなって感じさせてくれます。

次にとれるのはサシボ。

サクラの咲く前、4月中旬のまだ芽が大きくならないうちに採ります。川沿いの堤防のところにいけばだいたいそこらじゅうに生えてます。

サシボはシンプルにおひたしですね。

ってか、それしか食べ方を知らない…。

サクラが咲くのと同じころにとるのがコゴミ。

これ、山の中でとってきたんじゃなくて、ローソンの向いの空地に生えてるんだから、秋田ってなんかすごいよね。

コゴミはやはりゴマあえでしょ。あの歯ごたえがたまらない。あと、天ぷらもうまいってきいたから作ってもらったらうまかった!

そしてサクラが散った連休前ころに顔を出すのがワラビ。これも家の裏の道路を渡った山沿いの田んぼのまわりで簡単にとれてしまいます。

ワラビと一緒にアザミとまだサシボも生えてたので採ってきました。

ワラビはなんといってもワラビたたき!

一緒に近くに生えている山椒の葉っぱもとってきて味噌と合わせてすり鉢でゴリゴリします。

これさえあれば飯3杯はいけますな。

アザミは味噌汁に入れるとうまいねー。

それから去年生えてるところを見つけたカタクリの花。これもおひたしにして食べるとうまい。キュッキュッした歯ごたえが好きだな。でも、あまり食べ過ぎると腹をこわすらしいので注意。

そして梅雨入り前に採るのがミズ。

これは車でちょっと行ったところの山沿いの田んぼの脇の杉林に入ってとるので、最近熊の出没が多いので少し覚悟と勇気と装備が必要です。

一面ミズだらけ。

長靴とナタと鈴と携帯ラジオ。でもラジオ聞きつけて襲いにくる熊もいるとか…、恐っ!山菜採りも命懸けになってきました。

その他、ゼンマイ、タケノコ、タラの芽、アイコ、ホンナ、シドケとかあるけど、これらは近くで採れるところあまり知らないから、人からもらって食べてます。

春は旬のものばかり食べ過ぎて「馬肥ゆる春」ですな。

修了式

3月23日

前日、うちの学生さんたちの卒業式で、式が終わってすぐに空港に向かって東京へ。

その目的は次の日の午前中に、今度は自分の大学院博士課程の修了式があの日本武道館で行われるのでその出席のために前日入りしたのでした。

地下鉄とか乗り間違えて遅刻するといやなのでホテルは武道館のすぐ近くの九段下のホテルにしました。

さて、修了式当日、徒歩10分で日本武道館に到着。

武道館前は学部学生の卒業生も合わせてすんごい人です。いったい何千人いるんだ?

博士課程の学生は会場のど真ん中最前列に席が用意されていました。

おー、なんか24時間テレビの舞台を正面から見てるみたいー。

式が始り、博士課程の学生は一人ずつ名前が呼ばれ、起立しました。何千人の前でぽつんと立って返事するのはちょっと緊張しました。

そのあとスポーツなどで優秀な成績をおさめた学生の表彰が行われました。そこで水泳の萩野公介も同じ大学だったのをはじめて知りました。あとオリンピック陸上リレーの桐生君もいましたね。

式は12時近くに終わりましたが、ゆっくりしてられません。

学位記の授与は各キャンパスで行われるので、私は埼玉の朝霞まで行かなくてはなりません。授与式は13時15分。地下鉄電車を乗継いでもどうしても1時間くらいはかかります。ちょっと無茶なスケジュール…。

朝霞キャンパスについたのは集合時間より2、3分遅刻してしまいました。でも、私だけでなくて他の学生も何人か遅れてきていて、式が少し長引いたせいであることも事務のほうで把握していたようでまあなんとかなりました。

さて、いよいよ学位記の授与です。

最初に博士後期課程の学生から。朝霞キャンパスでは今年度博士後期課程の修了生は私ともう一人の方との二人だけだったので私が一番最初に呼ばれました。

どうしようー。どういう順番で受けとるんだっけ?他の人のマネすればいいかなあって思ってたのに一番最初だし、まいったなあ。たしか左手先だったよな?ぎこちなく左右、正面におじぎにしてから学位記を受けとります。

ようやく手にした博士号の学位記。

あら、今どき?の見開きタイプではなくてオーソドックスな賞状タイプなのですね。しかも後期課程の学生には額つきで贈られました。

次に修了生代表の挨拶がありました。これが一番嫌だった…。

私がその代表で挨拶する人だったからです。

人前で挨拶なんてとても緊張する人なので絶対嫌だったんですが、後期課程は2人しかいないから挨拶はたぶんどっちかかもってイヤな予感はしてたんですが、案の定、その依頼が私のほうに来てしまいました。それも論文指導でお世話になった先生からもよろしくってお願いされたのでお断りすることもできるはずがありません。

もう、腹をくくって原稿を作って何度も読み上げる練習をしました。幸い武道館のように何千人もの前ではなく、朝霞の博士課程の学生は20人もいなくてこじんまりとしたものだったので、思ったほど緊張せずに無事に挨拶することができました。

学位記授与式3

内容はただただ、これまでお世話になった方々に対する感謝です。指導教授の先生はもちろんのこと、事務の方にも提出物等の件でいつもご迷惑をかけていたのでこの場を借りて感謝の意を伝えさせていただきました。

そして、家族にも。

とくにこの一年は論文執筆のために、土日も長期休暇もなく休日出勤していたので、旅行や遊びにいく暇もなく、夜も遅くて晩御飯もしばらく一緒にとることもできなかったので顔を合わせる時間がほとんどなく、子どもたちには寂しい思いをさせたと思います。

おかあやんにはいつもお昼と夜食用の2つの弁当を作ってもらっていました。家のこと、子どもたちの学校のこと、部活のこともすべて任せきりでした。

なのでその罪ほろぼしの意味も込めて、ずっと反対していた犬を飼うことをとうとう許し、つい2日前に買ったばかりだというエピソードを話したらそれがうけて笑いがとれたので少しホッとしました。

最後に数年前に他界された主任教授の先生に感謝を申し上げました。生前、その先生がかけてくださった言葉のおかげで、今回の学位論文の方向性が自分の中ではっきりとしたので、感謝しきれないほどのご恩がありました。感謝とともにご冥福をお祈りしました。

無事に挨拶もできて授与式が終わり、お世話になった専攻の先生方と記念写真を撮らせていただきました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

この学位に恥じぬよう今後も精進して参ります。