我が家にチップがやってきた。

3月21日

前々からゆっちゃんとともとおかあやんが犬を飼いたいと言っていましたが、おとーやんは絶対うんとは言いませんでした。犬嫌いなわけではありません。むしろ犬は大好きです。生き物を飼う以上は最後まで責任を持ってお世話しなければなりません。

なのにうちの子どもたちったらザリガニのお世話さえ途中でほったらかしにしてしまうくらいだから犬の世話なんて。自分の服や物の片付けだって言われないとしないし…。

ということで、絶対反対だったんですが…。

何度か3人でペットショップに行ってお気にいりの犬を見つけたらしく、とりあえず見に行くだけ、と言われて何度かペットショップに行きました。3人の飼いたい犬とはトイプードルでした。

おとーやん、どうせ飼うなら愛敬のあるビーグルとか短足がかわいいコーギーとか、マメスケみたいな柴犬がいいんですけど…。余計飼いたくなくなりました。

おかあやんがいうにはとも君は喘息持ちなので毛が抜けにくいチリチリした毛のトイプードルがお薦めなんだそうです。

だからってなあ、なんか金持ちが道楽で過保護に育ててる軟弱な室内犬というイメージでまったく興味ないんですけど。

トイプードルには興味はありませんでしたが、何回かペットショップに行って展示しているワンコが自分に近づいてきてペロペロ手をなめてくれると、これなら飼ってもいいのになあという気持ちが少し沸いてきました。

なので、飼いたいんだったら日頃のお手伝いや片付け、身の回りのことをすぐにやるということをやってみせなさい、それが続けられるようになったら考えてもいい、というように譲歩案を出してしまいました。

それからしばらくして、いつも行っていたペットショップにまたいってみると、お気にいりの犬は病気で弱ってて売れない状態らしかったので、別のペットショップに行ってみると…

これが運命の出会いというやつなんだね、

かわいい元気なブラウンの色のメスのトイプードルがいて、抱っこさせてもらうとうれしくて興奮してジタバタするのでした。これにはゆっちゃんもとも君も飼いたいモードが加速したようで、さらに「ねえ、お願い!飼って…」の眼差し光線が強くなってしまいました。おとーやんもこの子なら、まあ…という気にもなりました。でも、即決はせずに家に帰り、その日の夜にとうとう…。

とも君とゆっちゃんには

1.トイレのお世話、お散歩はあなた方がすること

2.おうちの手伝いも言われたらすぐやること

3.家族でお出かけするときはイヤイヤ言わないで一緒に行くこと

4.物を床に出しっぱなし、置きっぱなしにしないこと

これを約束ごととし、動画でそれを復唱したのを記録し、破ったらすぐに犬はペットショップに返すという条件で飼うことにしました。まあ、実際は返せないんですけどね。

次の日、もう一度昨日のペットショップに行きました。これでもう売約済みであればこの話は白紙に戻すつもりだったんですが、運よくまだ買い手がついてなかったんですね。

ということで「この子に決めました」と店員さんに言ってしばらく抱っこしながら注意事項や生き物を飼う覚悟みたいな話をして、では本当にいいですね?家族として大切にしてくださいね、と念を押されて契約書にサインをしたのでした。

そして、犬を飼うのに必要なゲージだのエサ入れだの水飲み器だのも一緒に買い、なおかつペット保険なども入っておいたほうがいいと言われて加入。なんだかんだで、すごい額になったのでかなりの分割払いにしました。

そして、我が家の新しい家族となったワンコがこの子です。

まあ、ゆっちゃんのうれしそうなこの顔!

さっそく名前をつけようということになり、いろんな案が出されました。茶色くてモコモコしてるからアンコ、いや、おはぎ、いやいや、チョコだろ!とか…。そのなかで誰が出したのか忘れたけどチョコチップのチップという案が。おー、それ呼びやすいし、なんかしっくりくるなあ。小さいプードルでチップっていう意味でもいいし。ということで

命名「チップ」(絵:ゆっちゃん)

こうして私たちとチップとの生活がスタートしたのでした。

あれだけ反対していたおとーやんも、飼ってしまえばもう…ということで久しぶりの親バカです。子どもたち3人にかわいい服とか見つけると衝動買いしていたのと同じようにペット用のかわいい服を見つけると買わずにはいられないのでした。

ピンクのチャンチャンコを着るチップ。

これDAISOで100円だった服。

日本代表 チップ。これも100均。

缶入りチップ。

もう何をしてもかわいい…。

まだ狂犬病とかの予防注射をしてないので外でのお散歩禁止、トリミングなどに連れていくのもダメ、ということで家の中だけで遊んでいますが、5月に3回目の予防注射が終わって狂犬病の注射も終わったら晴れて解禁ということで外でのお散歩もできるそうです。

そうなったらまた楽しいだろうなあ。今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトデーのおかえしを作ろう!

3月

もうすぐホワイトデーだし、論文で休みの日も家にいることがなくて、ゆっちゃんとお菓子作りするのもしばらくしていなかったので、なにか手作りのお返しを作ろうと思っていたら、facebookで花びらのかたちのアップルパイがきれいでしかも簡単につくれそうだったのでゆっちゃん誘ってやってみた。

まずはりんごを薄くスライスして耐熱皿に並べ、そのうえにバターを載せてチンします。

次に解凍しておいたパイシートをもう少し薄くのばして細長くカットし、そのうえにチンしたりんごを少し重ねるようにして並べていきます。

そして、それをくるくると巻いていくと、バラのような花の出来上り。りんごは皮を残したままスライスしたのでほんのり赤い花びらに見える。

最後にオーブンで焼いて完成!

美味しいし、きれいだし、ホワイトデーにはぴったりかも。

久びさ、ゆっちゃんとお菓子作りできてうれしかったです。

 

スキー旅行に行こう!

完成論文もなんとか無事に提出し、やっと土日の休日がふつうに過ごせるようになったので、もう3月になっちゃったけど遅ればせながら家族で泊りがけでスキーしにいくことにしました。

そう言えば今年の夏もどこにも行けなかったから家族で旅行なんて一年ぶり?かな?

急斜面だととも君はすぐに心が折れるので

一番最初に連れていった岩手県の雫石にいくことにしました。

泊まりは近くの繋温泉。

ホテルについて浴衣姿のゆっちゃんがお茶を入れてくれます。おー、なんかいいー。

温泉入ってからの食事はやはりお腹パツンパツンになるだけの量のご馳走を食べました。ゆっちゃん、好ききらい多すぎてほとんどあげるっていうからまた食べ過ぎちゃったじゃない!

そう言えば去年だっけ?、やっぱり泊まりがけのスキーのときに夕飯前にゆっちゃん、体調悪くしてケロケロしちゃったことあったよね。今日は元気そうで何よりです。

二次会はお部屋でハイボール。残念ながら卓球はなかったね。

明日はいっぱい滑るからほどほどにして寝ますか。

次の朝、朝食食べていつもより早く出発!うちはいつもだらだらして結局お昼近くにようやく滑るというパターンが多いので、おかーやんにけつ叩かれて今回は9時ホテル発でした。

と、その前にホテルの向かいに面白そうなもの発見!

足湯ですね。なんでも去年の豪雨でこの辺もすごい被害があったらしく、最近再建されたものらしい。

さっそく、ゆっちゃんととも君が裸足になって足を入れる。

おとーやんはさっきホテルの朝風呂入ったからもういいです。はい、ほらもう出発しますよー!

20分くらいで雫石スキー場に到着。

青い空、マブシスギルくらいの太陽で絶好のスキー日和です。

雫石は小学生以下はリフト無料なのがいい。今年はスキーのシーズンレンタルはしなかったから、スキー場で借ります。おとーやんのスキーよりいい板だね!いいなあー。

なんと、ゆっちゃんはボードに挑戦です!

運動神経はいいほうだからまだ曲がれなくてやぶに突っ込んでばっかりだったけど、後半はコツをつかんだようでした。

とも君もこういう緩斜面ならブイブイ積極的に滑ります。お昼はさんで5、6本滑ったかなあ。おとーやんの太ももはもはや限界です…。

最後にみんなで。

あー、やっぱり自撮り棒買おう…。

久しぶりにお泊まり、スキーができて楽しかったね。来年はもっといっぱい行きたいなあ。

 

 

 

はると君ととも君の誕生日

1月のゆっちゃん、おとーやんの誕生日に続いて2月後半は第2お誕生日強化週間、はると君ととも君の誕生日です。

まずははると君、13歳になりました。あのかわいかったはーぽんがなんか声変りしちゃって、おかーやんの身長もこしちゃって。へたすりゃおとーやんもこされるかも。体重はこさなくていいからね。

その6日後はとも君の誕生日。9歳になりました。とも君のリクエストで誕生日ケーキはチーズケーキがいいというので御献上カステイラというお店のチーズケーキを買ってきました。プレゼントは3DSのソフトだったかな。最近は三人ともそういうのばっかりでなんか味気ない。小さいころのトミカとかライダーベルトをあげてた頃は体ぷるぷる震わせて喜んでたからなあ。と思う今日この頃のおとーやんなのでした。

学位審査終了、そして…

続きを読む

誕生日をお祝いしよう!

1月はゆっちゃんとおとーやんの誕生日。

今年でゆっちゃんは11歳になりました。

はやいなあー、もう11歳か、来年の春には中学生。

信じられない!

どうか今のまま優しい人に育っていってください。

そしてその3日後はおとーやんの誕生日。

私はたしか45歳になったはず。もうこの歳になると誕生日とかどうでもよくなるし、自分の年齢があやふやになる。

休日だったので朝遅く起きるとみんなお出かけしてて誰もいなかった。

誕生日なのに…。

でもテーブルをみるときれいにラッピングされたプレゼントと手紙が置かれていた。

プレゼントは長財布だった。今使ってるのファスナーのつまみとれてたし、あちこち切れてボロボロだったからね。

ありがとう。

添えられていた手紙には

とも君が描いたお腹が強調されてるおとーやんの似顔絵と、ゆっちゃんからは手作りのお守りが入っていた。

ゆっちゃんからの手紙にはパソコンに向かって論文を書いているおとーやんが「がんばるぞー!」と言っている絵が描かれていた。

これには元気をもらいました。今週行われる学位論文の公聴会と審査に向けてまた深夜遅くまで論文書いてるおとーやんにとっては何よりのプレゼントです。公聴会にはこのお守りを持って発表に臨みたいと思います。

-7℃

1月14日

この日の予想最低気温は-7℃とのこと。記録的な大寒波がくるということだったが、いつものとおり、そうでもない。

それでもいつもよりは若干寒いかなあと思ったので、こんなときはお決まりのバナナで釘が打てますか?は無理なのでとも君に濡れタオルをブンブン振り回す実験をしてもらいました。結果は…

見事に凍って立ちました。

 

ジャージで新幹線に乗る男

1月10日

修正論文の提出日、前の日に郵送すればよかったのだが徹夜でやったが間に合わず、当日のお昼ころにやっと完成。今日中に提出するためには自分で直接届けるしかない。職場から自宅に帰る暇もないのでジャージのまま新幹線に乗り込み、キャンパスのある埼玉へ。そんなに違和感のある感じでもない。遠征に行く学生さんとかジャージだし。
秋田は吹雪だったが、埼玉は雪一つないからっから。大学について指導教授の先生に渡したのは19時すぎ。

とりあえず提出できたのでホッとした。

もう秋田に戻る最終の新幹線は間に合わないので、急きょいつも利用しているビジネスホテルに泊まることにした。

途中、いつも通る橋を渡ると幻想的な光景が。未知との遭遇か、インデペンデンスデイみたいな映画に出てきそうな感じ。

そうか、いつも日中しか通ってなかったから夜こんなんだったのはじめて見た。

ホテルにチェックインして晩飯食いに出かける。あ、その前に昨日徹夜だったから風呂入ってないし、着替えも持って来なかったから近くのスーパーでパンツとシャツ買った。

晩飯はいつも通りすぎてて気になっていたあの店に行こう!

串かつ屋さん。

徹夜でがんばったし、今日は自分へのご褒美だ。ジョッキ2杯、ハイボール3杯、食べた串かつの本数不明…。

あ、明日午後から講義担当だったから朝一の新幹線に乗らないと。

ほどほどにして、昨日の徹夜分まで爆睡したおとーやんなのでした。

 

 

大晦日&お正月

今年は年末年始も関係なく、学位論文の執筆に追われてほぼ毎日職場に行って深夜日付けがかわる時間に帰宅していました。

子どもたちとも朝は子どもたちのほうが早いので起きるともういないし、夜は私の帰宅が遅いのでもう寝ていてしばらく顔を合わせないような生活が続いていました。

せめて大晦日とお正月くらいはと家で過ごしました。

つかの間の贅沢。

3日からは執筆再開しないと提出に間に合わない。ここがふんばりどころです。

 

クリスマスイブ

今年のクリスマスもケーキを買ってケンタッキー・フライド・チキンを買って…、そうそう、予約した時間にお店に行ったのにチキンが間に合ってないとかなんとかで大行列になってかなり待たされたなあ。

子どもたちが楽しみにしていたクリスマスプレゼントは…

ごめんなさい。君たちのリクエストはサンタさんには無理だったみたいで、手紙でお父さんお母さんに代わりに買ってもらってくださいっていうメッセージが。

ゆっちゃん、これにはかなりがっかりしたみたい。

来年はもう少し早めに現実的なリクエストを聞かせてください。サンタさんにちゃんと伝えますので。